2014年10月20日

around the Setouchi art in two days

瀬戸内を巡るアートの旅。
と言うよりは、岡山県の3つの美術館を2日間で回りました。

まずは、倉敷の大原美術館。
エル・グレコ「受胎告知」を所有しています。
館内は撮影禁止なので、イメージ映像です。
エルグレコ093.jpg
エルグレコ・受胎告知よりwada-n

大谷美術館で荷物を預かってくれるのは、
ロッカーではなく手荷物預かり所の女性です。
カレー市の市民の足下に、手荷物預かりの木札を置いて記念撮影。
大原.JPG

倉敷から岡山に戻り津山までJRで約1時間。
さらにバスに乗り、奈義町現代美術館の「倉重光則展」へ。
こちらは、また後で書く。

翌日再び、岡山へ。バスで犬島へ。
バスきっぷ270.JPG
土日のみ運行の直行バスです。

犬島製錬所美術館は、とてもすばらしい。
三島由紀夫の住んでいた家を素材として使っている作品は
妖しく、おどろおどろしい。
犬島094.jpg

盛りだくさんな旅でした。
@wada-n



posted by wada-n at 15:34| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: